アンチ2chリポーター・AICO
 
巨大掲示板群“2ちゃんねる”に立ち向うボランティアの人々“反2運動家”の皆さんを応援するBlogです
 



Show by --/11/2005

“2ちゃんねるストレス発散板管理人”匿名性について語る

匿名メディアの必要性を主張するのならば匿名悪に
匿名正義が勝てるようになってから主張するべきです。

2chの煽り屋は2ch開局以来、同一と思われる大勢の煽り屋達が
毎日 天下人気取りでネット界を暴れまわっています。
文体 個癖 雰囲気からして何時も同じ顔ぶれの煽り屋達が
逮捕もされず現在も活動し続けています。

何時も何時も同じ顔ぶれです。
彼等はキーボード捌き一つで人も殺せる者達なんです。
さらに彼等は全国に潜伏する秘密工作組織の構成員でもあるのです。
その秘密工作組織こそがあの、2ちゃんねるなのです。

私は今までこんな匿名悪に匿名の正義が打ち勝った場面を
まだ一度も知りません。
だからこそ2ちゃんねるは今でも健在で強大なのです。
「正義は必ず勝つ 悪は必ず滅ぶ」という定義はネットの世界では
まったくと言っていいほど通用しません。
それがインターネットという世界です。
私がインターネット世論が現実社会に影響を及ぼすことを
危惧している理由はそのためです。

インターネットの世界では匿名悪は絶対的な強さを誇ります。
その匿名悪が組織的で巧妙になれば最早我々市民に勝ち目は
ありません。
そんな現状の中で匿名の必要性など訴えられても、とても賛同
できるものではありません。
そういうことを訴えるのは匿名悪に勝ってからにしてほしい・・
ということです。

何をしても絶対素性がバレない匿名を人間に与えれば絶対に
ロクなことには使いません。言い切れます。
絶対的な匿名では無く、匿名正義にだけ匿名が守られるシステム
を確立してからでないと、匿名世論を世に強く反映させることなど
絶対にあってはならないのです。




 2ちゃんねるストレス発散板管理人“弱者さん”が某所において匿名性について語られました。
 本人の了承を得てここに転載します。

 たしかに匿名が良いことに使われるより悪いことに使われることのほうが断然多いですものね。
 2ちゃんねるの場合、得られる利点より失うもののほうが多い時点でペケ。
2ちゃんねるでは正義より悪のほうが優遇されてるのは確かなんだし。

2ちゃんねるストレス発散板
http://r.netabbs.info/uxgmswe/



Dec.11(Sun)22:28 | Trackback(0) | インターネット | Admin


(1/1page)